四国研修-3 四国のてっぺん・始まりの沈下橋・四万十川源流・仁淀ブルー(中津渓谷)♪ 2018.4.25

四国カルスト、四国のてっぺんと言われるところです、宿の中を愛媛と高知の県境が通っています。
DSC_0396 DSCF4683 DSC_0394

朝は天候が悪かったのですが、10時近くには高知県は霧が流れて肉眼で室戸岬派で見え始めまました。
しかし愛媛県側はそうはいきません。(一枚目は高知側、二枚目は愛媛側)
まず、高知側に下って、視察すべきをしにいこうと決めました。
DSC_0393 DSCF4682 DSC_0395

「早瀬の一本橋」、これは「沈下橋」のモデルとなったと言われる橋です。ガイドのおじさんは山菜に詳しい方でした。この橋の先は村の鎮守の森になっていて橋はお祭りなどに使われているそうです。大切にされている様子がうかがえます。四万十川の源流に向かう道は細く、崖が崩れた様子がありスリリングです。
DSC_0400 DSCF4697 DSCF4729

四万十川の源流へは「登山」になり、道なき道を上ります。鎖で登るところもあり手作りのガイド版を見落とすと迷ってしまいそうです。独特の植物も見られました。水はとてもきれいで少し甘みがありました。
DSCF4701 DSCF4702 DSCF4719
DSCF4722 DSCF4727 DSCF4713

「高樋橋」、四万十川にかかる最初の橋です。
上流なので川幅がまだ狭く、当然橋も短いのですが、とても風情のある素敵な橋ですね。
20180415_135955
20180415_135802 20180415_135747

四国カルストです。牛はまだ放牧されていませんでした。(牛にはまだ寒いかな?)
DSC_0417
一枚目は宿、二枚目は高知側、三枚目は愛媛側(カルスト)です。
DSC_0409 DSC_0408 DSC_0414

日本一きれいな「水」仁淀ブルーを楽しみに「中津渓谷」来ました。
20180415_174410

中津渓谷には夕方17時近くになったのですが散策に出かけました。
本当にきれいな渓谷です、写真はブルーではないけれど、人影のない静かな渓谷の散策は
「癒やし」そのものでした。忘れられない思い出となる散策になりました。
20180415_173103 20180415_180057 20180415_175044
20180415_172304 20180415_172701 20180415_173016
20180415_173802 20180415_174955 20180415_180600

新年 ・・「超宝物」のお引越し ~高砂~・・ 2014.1.19

1401高砂.jpg

私にとっては、何より大切な「宝物」です、懐かしい大切な方たちのような気がします。

この二人には実は、「かぐや姫」がいるのです

このお二人と「かぐや姫」がうちに来たのは30年以上も前のこと、・・、大切な方が心を込めて作ってくださいました。

「生」が入っているのではないかと思うほど生き生きしていますが、うらやましいことに「老い」ません。

 

このお二人と、三日月に腰かけたかぐや姫は今まで他の人形と、大きなケースに入っていました。

が、・・、ふたりのために、新しいおうち(ガラスケース)を新調しました。

心穏やかに、新しいおうちで過ごして頂けること、信じています。

かぐや姫はこれからまだまだこちらがんばるつもりのようです、どうぞ見守ってあげてくださいね。

アレンジを引き立てるものは・・なに? 2013.11.5

今年の夏はとてもとても悲しいことがありました・・ 活動が滞って、・・でもこのままではいけないので、・・、制作活動にもどりました♪ こんな素敵なフレームがあったら、お花も一層生き生きとしてくるかしらとおもいまーす。

DSC_0788.JPG DSC_0789.JPG

大きなグリーンカーテン、生育中♪ 2013.7.23

幅30メートルを超す、ひろぉい空間に、グリーンカーテンが育っています。高さも5メーターほどの予定です。

ゴーヤーは、純白・島心・あばし。・・色が、白いのと薄い緑と濃い緑、ということです。

むくっにょきにょき、と大きくなって、「涼しさ」を演出してくれます。

もう元気な実も収穫しています。

元気にどんどん大きく育ってほしいものですね。

 

 じゅんぱく.jpgのサムネイル画像 ゴーヤー.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像 しまごごろ.jpgのサムネイル画像

~観葉の葉の美しさを生かして~ ♪ 2013.7.23

インドアや軒下、明るいけれど陽射しが不足する場所に、ハンギングをかけてみました。

今このあつぅい夏、使った植物は、観葉植物たちです。

葉の色や形、長く垂れてくるものや上に向かって伸びあがるもの。

いろんな特性を生かして入れています。

今涼しさを演出してくれるだけではなくて、秋から冬にかけてゴージャスな葉飾りとなります。

楽しみですね~

 住吉コート.jpgのサムネイル画像 福島ギャラリー.jpgのサムネイル画像 福島 コートより.jpgのサムネイル画像 エントランス+観葉ハンギング.jpgのサムネイル画像